乳酸菌を食材から効果的に摂るためには?

20141018130226-90S

乳酸菌を多く含む食品を積極的に摂ったりしているという人は少なくないでしょう。乳酸菌を有効に活用するなら、乳酸菌の多く含まれている食品を摂るということも大切なことですが、それだけではありません。

せっかく摂った乳酸菌を、より効果的に活動してもらう環境をつくることも大切なことになります。

まずは乳酸菌というと善玉菌に注目。腸内環境を整えるためには、この善玉菌を増やしてあげるのがポイントになります。腸内で善玉菌が増えやすい環境をつくってあげるということが大切になってくるのです。

乳酸菌が効率よく活躍するためには?

腸内環境を整える為には善玉菌が必要で、善玉菌の代名詞となっているのが乳酸菌です。でも単に善玉菌を増やすのではなく、悪玉菌を減らすということも必要なことなのです。

この悪玉菌を減らしてくれる役割を担ってくれる菌があるのをご存知でしょうか?その1つが納豆菌です。つまり納豆には悪玉菌をやっつけてくれる菌と善玉菌を増やしてくれる乳酸菌とが入っているということですね。納豆のすごさがわかります。

さらには、乳酸菌が増えやすくするために必要となってくるのが乳酸菌の餌となるオリゴ糖です。

オリゴ糖ははちみつやポン酢といったものに含まれていますからヨーグルトを食べる時に、少しはちみつをプラスして食べるようにするというのも良いでしょう。またオリゴ糖はスーパーで購入できますから、それを買ってヨーグルトに入れるのも良いですね。

最近では、乳酸菌をサプリメントで手軽に摂ることもできます。サプリメントも上手に活用することで、効率よく乳酸菌などのお腹にやさしい善玉菌を摂ることができるんですね。